自己尊重トレーニング 受講者 oさま

講座参加者から見たじょむとは?

「自己尊重トレーニング」に参加された0さま(20代女性)にお話を伺いました。

どんなお仕事をしているのですか?

私は、企業向けの人事コンサル会社で営業をやっています。取引先で多いのは、会社の人事部か、小さい会社なら経営者の人です。

業務は「人と組織の問題解決の支援」で、従業員のメンタル予防や、部下のメンタル関係維持を考えている管理職へのコンサルティングなどをはじめとした社内の問題を聞いて、必要な解決策や場合によっては講座を提供したりします。

この仕事は今年で4年目ですが、4年前と比べると、リーマンショックなどでかなり状況が変わってきました。昔は社員教育することに対して企業はポジティブだったので、企業からやりたいことが出てきましたが、今はまず費用対効果ですね。こちらから具体的に提案しないと意見が出てこなくなりましたね。

企業は男女関係なく長く働いてほしいから職場環境を良くしたいけど、女性からすると必ずしも昇進を望んでいなかったりします。自分たちとしては、そういう女性に対する支援サービスもやりたいと考えています。

でも、私は企業向けコンサルなので、企業のビジネスがうまくいくことがビジネスです。働いている人の立場よりも、企業ビジネス視点になりがちです。

一方でじょむでは、働く人の視点を学べます。色々な環境の人とも出会えます。同じ「講座」ですが、ビジネス向けではない、違う切り口や違う考えに出会えてよかったです。じょむの講座を受けることで、自分自身の家族や人間関係について考えるいい機会になりました。

自己尊重トレーニングに参加したキッカケは?

知人からの紹介です。知人がじょむの載っている雑誌を見て、高山さんの本も読んで、ぜひ講座を受けてみたいと思ったらしく、私にも講座を勧めてくれました。

私自身も人事コンサルの会社にいて研修や講座を仕事でやっているので、他の団体のセミナーに興味がありましたし、自己尊重に課題を感じていたので参加してみようと思いました。

じょむの印象は?

実は、講座に参加するまでは、正直ちょっと不安でした(笑)。その時のサイトには詳細が書かれてなかったし、どんな人が参加しているのか全然分からなかったので。講座料金も安いので、何かの勧誘だったらイヤだなと思いました。

でも、運営がNPOだし、女性がうまく生きていけるようにというコンセプトだったので、思い切って参加してみました。参加して本当によかったです。

じょむの講座を受けてみてどうでしたか?

自己尊重トレーニングはもう全部修了しましたが、楽しかったです。いろんな環境にいる女性と意見交換できるのはすごくいい機会でした。自分の親の世代の方と話すのもとても参考になります。親との関係にも活かせますね。

じょむの講座は人数が少ないからこそ、全員で話すことができる。それが一つのメリットだと感じました。人数が多くなると講義形式になってしまって他の人の意見を聴くことができなくなるので、10人から15人くらいの今ぐらいの規模がいいですね。

他の人とのコミュニケーションがあるのが良いと思います。

今後も、じょむの他の講座で興味が持てるものがあったらぜひ受けたいと思っています。ファシリテーター養成講座も受けたいです。

じょむの講座を誰かに紹介したことはありますか?

人事コンサルなどの仕事に就いている人はじょむの講座を受けるべきだと思って、2、3人の同僚に紹介しました。自分の会社の中だけでは視野が狭くなるし、違う視点を見て、自分がやっていることを見直す良い機会になりますので。

後輩もこの講座に興味を持ったのですが、以前ねずみ講に引っかかったことがあるらしく、不安に思っていましたね(笑)。でも、自分が参加していることを伝えたら「参加しようかな」と言っていました。

じょむの講座を紹介する時は、「うちの会社がやっている『ビジネスの生産性をあげる』というのとは違って、女性が生きて行く際、困難にぶつかったときにうまくやっていくためのことが勉強できたり、他の仕事を持っている女性と話せる良い機会だよ」という感じで説明しています。

※肩書き・所属等はインタビュー当時のものです。

自己尊重トレーニングの詳細はこちら