ファシリテーター養成講座 受講者 宇山さま

講座参加者から見たじょむとは?

2010年第2期の「自己尊重トレーニング」ファシリテーター養成講座を受講された宇山洋美さまにお話を伺いました。

ファシリテーター養成講座を受けたきっかけを教えて下さい。

以前、サポートハウスじょむの『自己尊重トレーニング』や『相談員トレーニング』を受けたことがありました。サポートハウスじょむの講座は小手先のテクニックや処世術ではなく、コミュニケーションの本質が示されていて本当に良いと思っていたのです。頭だけではなく心と体で理解できるので応用がききますから、実生活で活かせますし。変化がゆるかやなので、気付かなかったのですが、受講後いつの間にか自分が変われていることを感じるようになりました。
私はもともと、グループで活動する上で会議などでも使えるような、ファシリテーターのスキルを身につけたいという気持ちがあり、既に他の講座を受けていたサポートハウスじょむなら安心できると『ファシリテーター養成講座』を受講したのです。

ファシリテーター養成講座を受講していかがでしたか。

とても面白かったです。サポートハウスじょむが主催しているということで、女性の視点が活かされていましたし、参加しているメンバーの方々も魅力的でした。
講座は、ファシリテーターの知識だけではなく自分の可能性や、これまでの様々な経験を活用できる内容でした。また講師の方の伝える姿勢が押しつけがましくないので、素直に心に入ってくるところがありますね。頭で理解する講座は他に沢山あると思います。でも、そういったものと違い、じょむの講座は「頭での理解」ではなく、「心が納得する」とでも言うのかな、賦に落ちる感じがあります。具体的で実用的なので、すぐに活用できますが、それでいて安っぽい内容ではありません。私の苦手な「スピリチュアル系」でもないですし(笑)。
講座の時間が長いかなと思っていたのですが、当初思っていたより疲れることはありませんでした。

先ほど、サポートハウスじょむの講座に参加することを通じて「変わった」とお聞きしましたが、どのような点で変わられたのですか。

サポートハウスじょむは、ネットサーフィンをしていてたまたまヒットしたのです。電話をかけたら、感じが良くて、すぐ講座に参加しました。それからいくつかの講座に参加するようになりました。その前の自分を振り返ると、1年くらいで自分が「変わったな~」としみじみ思いますね。実は職場などでの厳しい状況は1年前とは変化がないのです。それなのに心が楽に生活できるようになりました。思いだすと本当に雲泥の差です。じょむの講座で学んだコミュニケーションの方法を心がけるようになってから、自分の言動や気持ちを多角的に分析でき、自分に正直になれたり、相手の話を傾聴することができるようになったからだと自分では思っています。必要以上に落ち込むことやカリカリ怒ることも少なくなりました。じょむの講座でパワーをもらって元気になり、おかげで様々な活動に参加できるようにもなりましたし。

どんな方にサポートハウスじょむの『ファシリテーター養成講座』をお勧めしますか。

私は、ファシリテーターの知識やスキルを身につけたいと思って参加したのですが、自分自身の根本的な心のありようにもたらされたものが大きいです。ビジネスで使えるプレゼンやコミュニケーションの講座は数多くあると思うのです。一方、サポートハウスじょむの講座はそれだけにとどまらず、相手を安心させ、自分の気持ちも的確に伝えられるコミュニケーションの発想やセンスを与えてくれる講座だというのが実感ですね。仕事上や、グループ活動、プライベートなど様々なところで活かせると思います。だからいろいろな方に気軽に受けて欲しいです。
ファシリテーター養成講座をいきなり受講するのが不安な方は、手はじめにサポートハウスじょむのいろいろな講座を受けてみるとよいのではないでしょうか。じょむのリラックスできる雰囲気やエンパワメントされる感じなど、他のスクールとの違いが分かると思います。

本日は長い時間ありがとうございました。

「自己尊重トレーニング」ファシリテーター養成講座の詳細はこちら