【終了】女性のための語り合い:子どものいない生き方

子どもがいない人生はさびしい? 女性として一人前じゃない? 子どもがいないと親の気持ちがわからない? 私の人生は私が決める!

非婚・既婚に関係なく、子供を産まないと決めた人、子供を産まなかった人、「子どもがいない/産まない」理由は様々です。まわりからの「結婚はいつ?」「子どもはまだなの?」「女は子どもを産んではじめて一人前」「子どもがいないから親の気持ちがわからない」「子どもがいないのは淋しいでしょう」そんな何気ない言葉に自分を責めたり、落ち込んだり、否定されて自信がなくなったりした体験はないでしょうか?

サポートハウスじょむの「女性のための語り合いワーク(CR)」は、似た体験をしてきた女性たちが集まり、自分の感じていることをそのまま話せる場所です。子どもを産まない/産まなかったことを「人からどう思われるのか」ではなく、「自分はこれからどう生きていくか」を一緒に考えていけたらと思っています。そして自分らしく、魅力的でさわやかな生き方をみつけていきましょう。

講座概要

  • テーマ:子どものいない女性の生き方?チャイルドフリー
  • 日時:2014年1月26日、6月15日(日)14:00~16:00
  • 場所:サポートハウスじょむ(代々木駅徒歩3分)
             ※場所はこちらにお越しの際にお知らせします。
  • 対象:子どものいない女性・子どもを産まないと決めた方
  • 定員:12名(最少履行3名)
  • 参加費:2,000円/回

CRとは

「CR」は1960年代後半にアメリカの女性たちから生まれました。Consciousness Raisinの略で、意識(コンシャスネス)を立ち上がらせる(レイジング)という意味になります。
「CR」は「語り合いのワーク」です。「女らしさ」をキーワードに決められたテーマを、意見や考えを言うというよりは、自分のなかのもやもやした気持ちや感情が話し合われます。
ファシリテーターを置き、話し合いのルールをつくり、この場は安全であることを確認して、メンバーの信頼関係を築くことを大切に考え、話し合いが始められます。
話し合いを重ねていくなかで、刷り込まれてきた女らしさの呪縛に気がつき、捕らわれていた規範から少しずつ解放されて、個人的充足だけでなく社会システムへの視点を学習していきます。
女性の抱えている様々な問題の困難さを、共感し共有して、「個人的なことは社会的なこと」に気づくことによって、お互いをエンパワーメントしていくワ-クです。
CRではこのように、ひとつのテ-マに沿って自分の気持ちを話したり人の話を聴いたりしながら、これまでの自分自身を捉え直し、これからどうしたいかを考えていきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。