パワー・ハラスメント(パワハラ)とは何ですか?

パワー・ハラスメント(以下、パワハラ)とは、職場における力関係を背景としたいじめであり、人権侵害です。

パワハラが問題になってきた背景には労働環境の悪化により職場に余裕がなくなり、職場におけるいじめが増加してきたことがあります。職場でメンタルダウンして休職や退職する人が大幅に増加してきました。

パワハラの事例

  • 人前で(顧客/利用者にも聞こえるところで)怒鳴られる。
  • 他の人が同じことをしても問題がないのに、自分だけ個室に呼び出され、長時間にわたって執拗に非難される。
  • 新しい上司が「自分が上司だから自分の言うとおりにしてたらいいんだ」と言って、自分のやり方を一方的におしつけてくる。
  • 仕事の相談をすると「君に能力がない」と聞いてもらえない。
  • 勤務時間中は何も指示せず、飲み会の席で何度も同じことを非難する。
  • 殴る、蹴るなど暴力をふるわれる。
  • 「若い女性や派遣社員を雇いたいから辞めてくれ」と日常的に言われ続ける。

出典:「セクハラ相談の基本と実際」周藤由美子 新水社 2007