こころが疲れていることに気づくポイントってありますか?

こころの疲れはなかなか目に見えません。だからこそ、自分の感覚に気づくことが大切です。

1.感情をあまり表現しなくなっている(表情がない、笑わない、泣かない、怒らない)
2.感情と行動が一致しない(悲しい話をしているのに笑っている)
3.感情を感じない、感覚が薄れている
4.「したい」という気持ちが薄れている(選択したり判断するのが億劫)
5.思考がネガティブなスパイラルに陥りやすくなっている(自分を責めたり、否定したりしがち)
6.自分のためだけの時間が確保できていない
7.自分に投資するまたはご褒美をあげる言動をしなくなっている

こころが疲れていると認識した人は、自己尊重心の向上やエンパワメントにつながる講座を受けてみませんか?

自己尊重トレーニングの詳細はこちら