カウンセリングとは

日本でも「カウンセリング」という言葉が随分普及しました。しかしまだまだ「心が病気」の人が利用するサービスという概念が強く、身近に感じられない方も多いかと思います。

カウンセリングはアメリカでは、生活や組織、システムの中に自然に組み込まれていて、「病気」の人だけが利用するサービスという感覚ではありません。ちょっと困ったり、不安だったり、身近に相談する人がいないときなどに気軽に利用するサービスでもあります。

日本の場合、「相談」という役割が「カウンセリング」に近いものとして認識されているように感じますが、「相談」では、相談員にアドバイスや問題解決を期待する傾向が強いように思われます。場合によっては、婦人相談員など社会福祉サービスの利用を支援するアメリカでいうソーシャルワーカー(社会福祉指導員)のような役割を担っていることもあります。

アメリカでは、カウンセラー(counselor)、心理学者(psychologist)、精神分析医(psychiatrist)、社会福祉指導員(social worker)の位置づけと役割は非常に明確に分けられています。簡単に違いを述べると、psychologistは心理分析を専門とする人、psychiatristは心の病気を診断し薬を処方する人、social workerは社会福祉サービスの利用を支援する人といったらいいでしょうか。

アメリカでいうカウンセラーは、もちろん医師ではないので精神分析医のように病気の診断をしたり、薬を処方することはできません。社会福祉指導員のように社会福祉サービス利用の手続きを手伝うなど、物理的な支援は基本的にしません。心理を分析する専門家が心理学者であれば、カウンセラーは当事者自身(クライアント)が自分を分析(洞察)する力を引き出すプロセスを手伝う専門家と説明すると分かりやすいかもしれません。

アメリカでカウンセラーが身近な存在なのは、カウンセリングが自分自身を洞察するための道具であり、日常的なレベルで気軽に利用できるサービスと理解されているからともいえるでしょう。

私のところを訪れる利用者(クライアント)の中にも、カウンセリングを通して私がアドバイスをして問題解決の方向に導いたり、問題に対する解答を持っていると期待して来る人は少なくありません。しかし、カウンセリング効果の大切な要素のひとつは、本人(クライアント)が元々持っている理解する力、認知する力、判断する力、選択する力、問題を整理し解決する(区切りをつける)力、そして傷を癒す力を引き出すことにあります。
カウンセリングのプロセスでは、クライアントがどう考え、どう思い、どう感じているかが一番重要です。自分で自分を分析し、理解し、認知することが大切です。カウンセリングは、そうしたプロセスを安心感・安全感のあるセッティングで行うためのひとつのアプローチです。

誰かにアドバイスしてもらい解決や解答に導いてもらったり、新しい思考回路を作ってもらうのではなく、誰かに話を聴いてもらい、情報を共有し、質問される中で自問自答し、自分で解決や解答を見つけ出し、自分で新しい思考回路を創る機会を提供するのがカウンセリングといってもいいでしょう。

また、全ての問題に十分満足できる解決方法や解答があるわけではありません。問題にぶつかって初めて向き合う受け入れ難い現実や事実もあります。向き合うことが難しい現実や事実にひとりで向き合うことは耐え難い苦痛になることがありますが、誰かが一緒に向き合ってくれるだけで苦痛が若干和らぐこともあります。誰かが一緒に向き合ってくれてもその現実と事実は変わりませんが、『孤独感』という苦痛が緩和されるのかもしれません。

自分が何を感じ、どう考え、どう思っているかを整理し、認知し、どうしたいかを考え、認知を意識に、意識を行動に変えていくプロセスをアシストするのがカウンセリングです。カウンセリングは、自分自身と向き合うための時間と材料とヒントを与えてくれます。自分自身を理解し、自分の判断や選択を尊重したいとき、自分ひとりでは同じ思考回路をぐるぐる廻るだけで新しい回路を創ることが難しいとき、安心できる相手の前で感情を吐露し、ただ受け止めてもらいたいとき、受け入れることが難しい現実や事実とひとりで向き合うと孤独感に押しつぶされてしまいそうなとき、自分の思考パターンや行動パターンを変えたいときなど、「病」というレベルではなくても、もっと日常的なレベルで気軽にカウンセリングを利用し、早めに自分の心の状態に気づき対応することで、心の疲れからの回復をよりスムーズにすることが可能になるのです。

私たちは、常にハッピーではありません。日常的に悲しいこともあれば、辛いことも、頭にくることも、後悔することも、さびしいときもあります。ひとりで乗り切れるときもあれば、誰かのアシストを必要とするときもあります。
家族や友人に話すことで楽になることもあります。家族や友人だからこそ話せないこともあります。家族や友人は、あなたと色々な経験を共有しているため、あなたを真っ白い紙のように見ることが難しく、先入観や偏見が邪魔してしまうかもしれません。または、近い関係なだけに「何とかしてあげたい」という気持ちが強くなり、客観性や冷静さに欠けてしまうこともあります。

その点カウンセラーは、あなたのことを真っ白な紙に近い状態で話を聴くことができます。先入観や偏見がない分あなたも安心して話すことができます。話した内容が誰か他の人に伝わる心配もありません。家族や友人であればしないような質問をされることで、改めて考える機会を得ることもあります。

カウンセラーが全くの第三者であるからこそ、話したことで脅かされるような不安やリスクを減らし、より安心・安全な条件下で自分をオープンにし、自己洞察しやすい環境と状況をつくることができるのです。
確かに、カウンセラーという専門家が職業として認められる前は、家族や友人、教師や医者、牧師などコミュニティーの中で吸収されていた役割だったといえるでしょう。しかし、社会状況の変化により、家族の形や人間関係における信頼構築のプロセスが変わり、コミュニティーの中で吸収する力が弱まってしまった社会では、自己開示し自己洞察するのに十分安心で安全な場所や機会が少なくなっています。

実際、古代ギリシャの哲学者アリストテレスや古代ローマ時代のシャーマンなどが現代のカウンセラーの役割を担っていたと考えられています。したがって、カウンセリングは長い歴史の中で培われた人間の知恵の結集ともいえるのです。だからこそ、日常生活でも十分活用できる実用的な知識であり、意識であり、スキルなのです。
カウンセリングをより身近なものとして利用し、生活や人生の中で押し寄せてくる波に上手く乗ったり、身を任せたりするための道具として役立ててもらえたらと思っています。