カウンセラー高山直子コラム

写真:カウンセラー・講座ファシリテーター 高山直子
カウンセラー・講座ファシリテーター 高山直子
このコラムを通して、じょむの常駐カウンセラーである私がカウンセリングの知識やテクニック、そしてじょむでのカウンセリングを通しての私の経験を読者の方々と共有できれば嬉しいです。

 講師「カウンセラー高山直子」のプロフィール

No.22 意思の疎通における葛藤をめぐる4つのパターン (3)

前回から相手の気持ちを「受け止める」という行為の効果について、「葛藤をめぐる4つのパターン」を例にお話しています。今回は、最後のパターン4について解説します。

No.22 意思の疎通における葛藤をめぐる4つのパターン (3)

No.21 意思の疎通における葛藤をめぐる4つのパターン (2)

前回から相手の気持ちを「受け止める」という行為の効果について、「葛藤をめぐる4つのパターン」を例にお話しています。ここでは、以下のパターンの2と3について解説します。

No.21 意思の疎通における葛藤をめぐる4つのパターン (2)

No.20 意思の疎通における葛藤をめぐる4つのパターン (1)

前回「受け止める」と「受け入れる」は違うとお話しましたが、それに関連して、意思の疎通における「葛藤をめぐる4つのパターン」について、何回かに分けてお話したいと思います。

No.20 意思の疎通における葛藤をめぐる4つのパターン (1)

No.19 「受け止める」ことと「受け入れる」ことは違う

このコラムのNo.7で共感は「いい人になる」ことではないとお話しました。「共感しなくてはいけない」と思うあまり、カウンセラーがイエスマンになってクライアントの言うことにただ同意し、クライアントの言うとおりまたは期待どおり・・

No.19 「受け止める」ことと「受け入れる」ことは違う