カウンセラー高山直子コラム

写真:カウンセラー・講座ファシリテーター 高山直子
カウンセラー・講座ファシリテーター 高山直子
このコラムを通して、じょむの常駐カウンセラーである私がカウンセリングの知識やテクニック、そしてじょむでのカウンセリングを通しての私の経験を読者の方々と共有できれば嬉しいです。

 講師「カウンセラー高山直子」のプロフィール

No.18 妨害になる言葉(3)

前回に引き続き、コミュニケーションの上で気をつけて使う必要がある言い回しについて取り上げます。

No.18 妨害になる言葉(3)

No.17 妨害になる言葉(2)

今回は、コミュニケーションの上で気をつけて使う必要がある言い回しについて取り上げます。

No.17 妨害になる言葉(2)

No.16 妨害になる言葉(1)

カウンセラーがクライアントと言葉を交わすとき、意識する要素のひとつは、言葉のチョイスと言い回しです。

No.16 妨害になる言葉(1)

No.15 質問スキル プラスα

カウンセラーにとって、「質問上手」になることが「聞き上手」である大きな要因だという観点から、具体的な質問の仕方についてお話してきましたが、この回からはカウンセラーが使う言葉について焦点をあてることにします。

No.15 質問スキル プラスα

No.14 相談者に考えさせ、認知と意識につなげる質問スキル

相談を受ける上で相手の話をジャッジしないで耳を傾け、質問をすることが重要であると説明すると、「じゃぁ、相談を受けたとき、自分の考えや感じたことを相手に伝えてはいけないのですか?」とよく質問されます。

No.14 相談者に考えさせ、認知と意識につなげる質問スキル

No.13 相談者に考えさせ、認知と意識につなげる質問スキル 

「聞き上手」になるとは、「質問上手」になることかもしれません。しかし、意識して聞き手に徹しているつもりが、いつの間にか自分が「答える側」になっているという経験はありませんか?

No.13 相談者に考えさせ、認知と意識につなげる質問スキル